トップ > イベントレポート > 浅草 まつり湯 イベント

森山愛子 (浅草 まつり湯 イベント)

日時:平成20年10月26日 12時半〜、15時〜
場所:浅草ROX 7F「まつり湯」(東京都台東区)
撮影:写真撮影可、録画録音禁止
販売:全曲集2008、恋酒。(共にCD、テープ有り)、歌の手帖増刊「J-BLUES」

浅草ROXの七階にある「まつり湯」(健康ランド)でのイベントに行ってきました。

まつり湯のサイトで場所、イベント会場を確認し、昼の食事処でのイベントとなるため早めに向かいます。
11時半、まつり湯到着。入り口で渡された甚平に着替え会場へ移動。座敷に四席のテーブルが5×8ぐらい並んでおり最前列のテーブルが空いていたので確保。食事処のため取りあえず飲み物を注文。座ったとたんに注文を取りに来るんだもん(^^;

時間を潰していると、マネージャ氏とヨーロー堂のご主人登場。健康ランドの為、私服よりも甚平の方が違和感がないと思い早々着替えたのですが、何故かマネージャ氏に笑われちゃいました(^^; 商品の陳列が終わると常連組が買いに集まります。今日発売(?)の歌の手帖増刊「J-BLUES」に興味を持ち、まず三冊が売れ、この本でもサインを貰えるとのことだったので私も購入。最後の一冊も開演前に売れました。
購入特典は、名前入りのサイン色紙のみで、ツーショット写真は誰でも受けていました。

12時半、泉水亭錦魚(せんすいていきんぎょ)さんの司会で一回目の歌謡ショー開始です。ちゃんと見ていませんが、全てのテーブルは埋まったのかな?
愛ちゃんは、いつもの赤いスーツで登場です。
1.おんな節
  mc
2.蛍 (松原のぶえ)
  mc
3.しあわせ一番星
4.宗右衛門町ブルース
  mc
5.名月赤城山
  mc
6.恋酒

二曲目の「蛍」は「初めてお客さんの前で歌うので緊張しています」と。歌い終わってかも「間違えていないと思いますが・・」と気にしていました。
その後のmc中に、「大利根月夜」と「岸壁の母」をワンフレーズ披露。
ステージ終了後に、サイン・握手会、ツーショット写真の撮影、ピン写真の撮影で一回目終了。

二回目が15時からなので入浴へ。14時にイベント会場に戻ると最前列のテーブルは埋まっており、二列目を陣取ったのですが、一列目の叔父さんがお一人だったので相席させて貰い一回目と同じ位置で見ることが出来ました。
二回目の開始まで、昼食を取り時間を潰します。

14時46分。ステージ裏から愛ちゃんの「あぁ〜、あぁ〜、あぁ〜、あぁ〜」と何かに納得する声が二回ほど聞こえてきました。何を話していたのかな?(^^;

15時、一回目同様、泉水亭錦魚さんの司会で開始です。一回目より人が多いように感じました。
愛ちゃんは、またまた赤いスーツで登場です。二回のステージだったので衣装替えを期待したのですが叶いませんでした。
1.おんな節
  mc
2.別れの一本杉 (春日八郎)
  mc
3.しあわせ一番星
4.宗右衛門町ブルース
  mc
5.名月赤城山
  mc
6.恋酒
7.大利根月夜

二回目のステージも、初披露の曲があり「別れの一本杉」を歌いました。10月頭のNHK-BS「おーい、ニッポン」ふるさとラプソディーで選ばれた曲ですが何か関係があるのかな。あの収録の時は(放送されていませんが)森昌子さんが歌いたいと言って歌いました。
「恋酒」の歌唱中、1番を唄い、3番を唄い・・「あれ?」と思ったら、「間違えて3番を唄ったので、次2番を唄います」と言い、変則な恋酒が聴けました(^^;
さらに「アンコール」の声がかかり、袖にいたマネージャ氏に確認、「唄っていい?」「いいよ」なのか「どうしよう?」「やってやって」なのか判りませんが目で話していました。「30秒ほど時間を下さい」と言って袖に引っ込み曲を選びます。手持ちのMDの用意の問題もあるのでしょうが、「初めてのアンコールです」と言って選んだ曲は「大利根月夜」。歌唱後「アンコールの方が盛り上がりました」とちょっと寂しそう。でも、お客も初アンコールで喜び一杯だったのですから、気にしない気にしない(^^;
ステージ終了後、一回目と同様に、サイン・握手会、ツーショット写真の撮影、ピン写真の撮影で終了。

まつり湯への入場料がかかってしまうため、お客さんの絶対数は少ないものの、少数精鋭揃いといった感じでした(笑)
お風呂に入って日頃の疲れを取ったつもりが、家に帰ると激しい疲労感。なんでだろ〜(--;


[トップ] [イベントレポート][ページ最上部へ]