トップ > イベントレポート > 「おーい、ニッポン」公開生放送

森山愛子 イベントレポート(「おーい、ニッポン」公開生放送)

「おーい、ニッポン 私の・好きな・栃木県」公開生放送
日時:平成20年10月5日 11時00分〜
場所:宇都宮城址公園、オリオンスクエア(栃木県宇都宮市)
撮影:宇都宮城址公園は制限無し。オリオンスクエアは録画、録音、写真撮影禁止。
販売:なし

NHK BS-2で生放送される「おーい、ニッポン」に愛ちゃんが出演するので宇都宮まで行ってきました。愛ちゃんのオフィシャルサイトでは中継場所など案内は有りませんでしたが、NHK宇都宮放送局に中継場所、出演者の案内が有ったため押しかけた次第(^^;

11時。予定より遅れて宇都宮到着。最初の中継場所である宇都宮城址公園を目指します。途中、午後の中継場所であるオリオンスクエアに立ち寄り状況確認。ステージ前には折りたたみ椅子が並べられ、スタッフが準備中。会場内にはまだ立ち入れないようだ。

地図を確認しつつ宇都宮城址公園へ。事前に公園の形状を頭に入れていたが、至る所にテントだらけ。中継を行うのならステージだろうと思い人混みをかき分けながらステージを探す。城内の広場に大型のステージがあり森野熊八さんが料理を作っていました。ただ、ステージ脇にあった予定表を見ても中継の案内がない。
暫くステージを見ていたが、11時45分から中継の予定なのに11時半になっても中継用カメラの準備が始まらない。「栃木自慢の食が集結」のタイトルからからすると、ステージからではなくブース店頭からのレポートもあり得るため、城内を見渡せる土塁の上に移動しカメラを探すが見つからず、森野熊八さんの「午後に向こうでNHKの放送に出ます」の発言が気になり公園西側の駐車場部分へ移動する。

端から舐めるように移動しすると、カメラを抱えた中継部隊を発見。ただ、金井アナウンサーがいるだけで愛ちゃんの姿が見えず。愛ちゃんの姿を探し周辺をウロウロするものの発見できず、時間も時間なので、撮影部隊が居た所に戻るとおりました。逆方向に居たみたい(^^;
愛ちゃんは餃子を手に持ち準備中。マネージャ氏は見守っている状態だったので挨拶をし中継の情報入手。ここで「今日は歌は無いんですよぉ」と聞かされる。折角「ふるさとラプソディー」で森昌子さんが歌うので共演という形で歌うことを期待していたのですが・・残念。


中継1が始まり、中継の邪魔にならないようにカメラ後方から見物。中継内容は栃木県の生産量の大きい食材の案内です。

中継1が終わり中継2の場所へ移動。中継2のリハーサルまで時間があるため、スタッフから集合時間の連絡を受け愛ちゃん達は食事へ。当方も飲み物を求め会場内をウロウロ。戻ってくると愛ちゃんの荷物がなく、辺りを見回すと会場奥の控室代わりのテントにおりました。

中継2のリハーサル準備が始まったので、中継用特設ステージ横へ移動しリハーサルの見物。
リハーサルが終わると、スタッフさんから何か指摘されたようで、台本を読みなおし必死に覚えている愛ちゃん。そんな中、愛ちゃんに声をかけ、私とのツーショット写真を撮ってくれるマネージャ氏。愛ちゃんの邪魔する気はないのに・・(^^;

その後、愛ちゃんはメールをしていたり、ヘアメイクさん(?)が髪を直していたりと本番待ち。
マネージャー氏がタバコを吸い始めると「誰も吸っていないよ〜」と迷惑顔。しっかり裏側を見させて頂きました(^^;
ファンの親子が色紙を持ってきてサインのお願いもしていました。


さて、中継2の開始。中継2では料理人の森野熊八さんによる栃木の食材を使用した料理が作られます。
愛ちゃんはカメラが回る前から「鬼怒の船頭鍋」をパクパク食べていました(笑)
最初に作ったイタリアンかき揚げ。口いっぱいに頬張りコメントできません(^^;
続いてデザートのケーキ。これもがっつり行きます(笑)
中継は終わりましたがケーキだけは食べ続けています。ヘアメイクさん(?)にもイチゴのおすそ分けしケーキを完食。やっぱり女の子ですねぇ(笑)

森野熊八さんから「ブログに乗せるので一緒に写真お願いできますか?」とお誘いがあり、愛ちゃんとツーショット撮影。愛ちゃんも撮影。この時の写真は双方のブログに出ています。森野熊八さんのブログより、森山 愛子さんと…愛ちゃんのブログより、ゴッドハンド。
「写真撮らせて下さい」と言って撮影された方も2〜3人と少なかったなぁ。みんな隠し撮り?(笑)


次の中継はオリオンスクエアとなるため、愛ちゃんは中継スタッフにお礼を言いタクシーで移動。私も後を追うように徒歩で移動(^^;


1時40分。オリオンスクエアに到着すると「ふるさとラプソディー」のリハーサル中。まだ入場出来ないようで会場を取り囲むように列ができ「最後尾」のプラカードを掲げたスタッフがいます。警備員の人は「立ち見になるかも」と言っていましたが列に並びます。

「森昌子さんのステージがある」と言う情報だけで並んでいる方が多いみたいで、出演者の集合時間の案内が流れると「そんな時間!?」と言っており、これから4時間ほどの中継になることは知らない様子。森昌子さんのマイクテストが始まると、皆釘付けとなっていました。

2時10分開場予定でしたが、2時過ぎから開場となり入ります。座れるか不明とのことだったので立ち見の場合のベストポジションを考えていましたが、前列及び中央部分は埋まっていたものの両脇は空いており下手側四列目を確保。
ステージの都合上、雛段がないため後方では見えないと思われます。また、立ち見はちゃんと確認していませんが、一部のスペースか場外のみだったようです。

着席型の中継会場となってしまったため、愛ちゃんと話す機会はなし。入場時点では、まだステージの方に行けそうな気配でしたが、リハーサルが始まるとスタッフが常駐しステージに向かう人を制止しておりました。

ここも、リハーサル、本番の繰り返しとなり、
中継3、森昌子さんのステージ
中継4、ふるさとラプソディーの曲目発表
中継5、ふるさとラプソディーの演奏
です。

中継5のリハーサル終了後、暇になってしまったステージ上のお子様たちが「崖の上のポニョ」を唄い、「天空空の城ラピュタ」でパズーがトランペットで吹いた「スラッグ渓谷の朝」を吹き始め、スタッフも面白がって煽ったら「となりのトトロ」やら「サザエさん」が流れ、更にスタッフはJAZZオーケストラの70歳の女性のドラマーにまで振り始め、ピアノの人もソロ演奏を披露、ソロの途中からJAZZオーケストラも混じり会場は大盛り上がり。本番前にエネルギー使いまくってます(笑)

中継5終了後も、「ふるさとラプソディー」の中で流れた「別れの一本杉」を森昌子さんが唄いたいと言ってワンフレーズ披露。スタッフは愛ちゃんの歌も聞きたいなと言って振り、「大利根月夜」を最初の部分だけ披露。森昌子さんから「愛ちゃんの印象が変わった」と言われておりました。普段のアニメ声から想像できないぐらいに歌唱時は変化しますからねぇ(^^;
「ふるさとラプソディー」で民謡を歌った古田佳子さんや、更には金井アナウンサーにまで歌わせる始末。スタッフ曰く「歌ったアナウンサーは初めて」とのこと(^^;
コーラスに振ると「栃木のうた」を唄いだし、会場内、愛ちゃんも歌っていました。
会場内が本番以上に盛り上がってしまったため、スタッフは「本番以上に盛り上がるのは、どういうことだろう?」と愚痴っていました(笑)

最後に、会場後方のアーケード上に設置されたカメラ向かい手を振り中継終了。

愛ちゃんの歌はほんのちょっとしか聞かれなかったけど、えらく充実感のあるイベントでした。


[トップ] [イベントレポート][ページ最上部へ]